FC2ブログ
08≪ 2018/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2014-05-26 (Mon)
こんばんは、おっかさんです。
GS久しぶりに新規プレイしました、おっかさんです。
GS・・・好き♡おっかさんです。

そんなわけで志波くん。
未攻略だしまだ情報解禁してないので寡黙な男の子&野球部マネをしながら待ちかまえろ!ってこと以外よく知らない・・・でも寡黙そうな人、嫌いじゃないぜ(笑)?
GS2は若王子先生が良すぎて未攻略の男子が多いのですが、ツイッターでフォローしてくださってるかたが志波くん好きなので、お話ししているうちに攻略気分高まってきて、飛び込んだ!
が。
色々システム面で忘れてましたー(笑)
でもときめきが!もう!!

というわけで早速ダイジェスト、どうぞー。


高校に入ったときのわたしは、勉強だけじゃなくて何かに夢中になりたいと思ってた。

それは野球かなって思って、入学してすぐに野球部のマネージャーになった。
マネージャーになってすぐ知り合った志波くんと、よく2人で出かけていたのは恋とかそういう動機じゃなくて。
あまり喋らないちょっと怖い印象の男の子だったけれど、練習を眺めていたその様子が気になって・・・わたしみたいに野球に興味があるのかなって思ってのことだった。
何度か出かけていてわかったことは、決して怖い男の子なんかじゃなくて、優しい人だったってこと。
・・・あまり喋らないのは印象どおりだけど(笑)。
グラウンドで、図書室で。
わたしが困っているときは、あのぶっきらぼうな調子で
「どうした」
って必ずわたしの前に現れる。
現れて、そしてなんてことないふうにわたしを助けてくれる。
その優しさがわたしだけに向けられたものではないことはよくわかっているけれど、またその優しさに触れたくてわたしは彼をデートに誘ってしまうんだった。
2年生に入ると彼からも誘ってくるようになって、そしてやっぱり困っていたわたしを助けるみたいに野球部に入ってくれて。
夏。
一緒に海水浴に出かけて大爆笑する彼の楽しそうな笑顔を見たときにわたしは志波くんのこと好きなんだってわかった。

志波くんと一緒に過ごした修学旅行の自由行動。
川辺で腰かけて隣の彼の横顔を眺めていたあの時間、本当はものすごくものすごく緊張してた。
甲士園への強い気持ちが伝わって、その相手にわたしを選んでくれたことがとても嬉しくて、その理由を聞きたかったけどどうしても聞けなくて。
マネージャーだろ?って言われたら、わたしの幸せ、飛んでっちゃうから。。。

あのときの志波くんの強い気持ちが、きっとはね学を強くした。
甲士園で優勝できた最後の夏、志波くんはわたしにありがとうって言ってくれたけど、ありがとうって言ってもらうべきなのはきっと彼だと思う。
志波くん、ありがとう。

部活を引退しても、なんとなく2人でよく部活に顔を出してた。
デートの回数は増えたし、たまに一緒に下校したりしてたけど、そのまま・・・わたしのアピールが足りないのかな。
足りないのかもしれないけど、本当はこの気持ちがもう伝わっていて、だけどわたしを傷つけないように遠回しに遮断されてるんだったら・・・って考えてしまうと、勇気が出せなかった。
誕生日も、クリスマスもバレンタインも、彼だけに。彼にだけ。
わたしのありったけの気持ちを込めた。

高校に入ったときのわたしは、勉強だけじゃなくて何かに夢中になりたいと思ってた。
それは野球かなって思ってたけど、恋だった。
わたしの一度しかない高校時代、夢中になったのは志波くんだった。

わたしは明日、はね学を卒業する。



いやー・・・志波くんルート、甘酸っぱかった!
少女マンガみたい!!
こんな高校生活送ってみたいよ!!!!!

と叫んだところで詳細は追記に行きます。
お時間、ネタバレ等よろしかったらReadMoreをクリックして、お読みください^^!



今回懸念していたのは竜子さんのこと。
私、竜子さんのこと大好きなので・・・
なのでフォロワーさんに竜子さんを出さないで攻略できる方法を聞き(最初に野球部に入っちゃう)、スタート。

当然お部屋も竜子部屋じゃないです。
今回はキュートでポップなはるひ部屋にしてみました。
入学してからのアンケートは、学力高めになるような感じで回答しました。
事故チュー相手はもちろん!志波くんになるように回答。
いま思えば、GS2を初めてプレイしたときの事故チュー相手は志波くんだったなあ・・・

バイトはしませんでしたが、部活は最初の日曜にやる気まんまん(笑)で野球部マネージャーになります。
例によって一流大学進学を目指しているので1年目はパラ上げ&部活中心の生活をします。
志波くんに声をかけたのは季節のデート(夏の森林公園、海水浴、花火大会、紅葉狩り、スキー、お花見あたり)くらいでしょうか?
いいんです、今回のデイジーは夢中になるのは野球かなって思ってた子だから(笑)!
野球部で意外だったのは学力は下がらないこと(芸術は下がる)!
ある程度覚悟して早々に氷上くんにご登場いただいたのに、もうちょっとゆっくりでもよかったかも?
そういえばGS3の柔道部も学力は下がらないんでしたっけ?
部活に取り組む子は集中力があるので試験前に猛勉強してテストもできたりするよね、ってことですかね?でもそれ結構言えてる(笑))

そんなわけで定期テストはいつも大体30番台あたりをキープしつつ野球部を支えるデイジー。
志波くんとのデート、初めての事故チュー相手のわりに例によって印象悪くしちゃったかな・・・系回答ばかりでなかなか好感度が上がりません(笑)
結局1年目大晦日にスキーデートに行きまして、翌日に初詣のお誘いを受けて友好になったことを知ります。
遊くんと初詣する気で諦めてたので、嬉しかったですね~~!

バレンタインに勿論、渾身の手作りチョコを贈りましたがそれでも振り向いてもらえず・・・2年生に上がった頃、ようやく好きになってもらいました。
ちなみに志波くんがおっかさんデイジーを誘った初めてのデートは博物館
渋い・・・
でもやっぱりいい答えを言えなかったためか?その後二度と博物館に誘ってくれることはありませんでした(笑)
動物園が多かったですかね。

もしかして志波くんが野球に復帰する時期って、好感度が好きに上がったときなんでしょうか?
時期が偶然重なっただけかもしれませんが、2年生になると志波くんは野球部員になってくれたので一緒に部活です。
これ、もっと早く好きになってもらえるならもっと早くから一緒に部活ができるのかしら??
素で
「わたしのバカバカ!印象サイアクだよ~~」
を叩き出せる私では、なかなかハードル高いです。
それは攻略サイト様を解禁してから。。。

ダイジェストにも出てきた海の爆笑、本当に良かったです。
水着に着替えて再度待ち合わせるとき、志波くんと会えなくて戸惑うデイジーちゃんを探してくれる志波くん。
迷いようがないだろう!どんだけ方向音痴だよ!って感じで志波くんが爆笑するんですけど、それが、もう。
そこまでの志波くんは、不器用というかあまり感情の起伏が表に出ないタイプなので、その爆笑、本当にカワイイのですよ!
本当はこういう人だとわかってる、こういう笑顔が見たくて、わたしはデートに誘っていたんだ!!
とデイジーちゃんは胸を熱くしたはずです(笑)

志波くんが振り向いてくれたので、ストレスためて病気にもなってみました。
お見舞いの志波くんの
「・・・鈍感」
って一言がとてもとても・・・カワイイのです!
その一言に、デイジーのこと好きっていうのが全部!ぎゅうぎゅうに!!詰まっていた!!!
本当に良かったので、これからも志波くんルートするときは毎回病気になろうと決めました(笑)

あとは修学旅行。
京都に行くんですが、もちろん志波くんと修学旅行なんですが、ただの自由行動なわけなんですが。
これまたものすごく甘酸っぱくてですね・・・絵にかいたような(笑)青春ていうか。
シリアスすぎず、コメディでなく、キュンキュンするのです。
そして甲士園への決意表明!
野球部を背負って立つ男に、そんなこと言われるなんて!!
気分は南ちゃん。←さすがに古いですね、わかるかただけわかってくださればいいです・・・うぅ

最終的に、占いに沿って部活をしているだけでしたが、はね学野球部は随分強くなっており、甲士園出場どころか全国制覇まで成し遂げてしまいます。
ちなみに甲士園前日のね・・・イベントがね・・・きみたち付き合ってるだろう!?っていうね・・・
デイジーちゃんも志波くんのこと好きなんだなあって、私は思いましたけどね。。。

志波くんルートは全体的に少女漫画の王道というか、瑛くんほどシリアスなこともなく、若王子先生ほど切ないこともなく、純粋に恋するときめきを満喫できるルートでした。

志波くんを攻略する前は、竜子さんとピッタリなのになあって思っていた私ですが、彼の告白を聞いて印象が変わりました。
瑛くんルートのときだったでしょうか、志波くんと竜子さんの出歩きイベントを見ているのですが、竜子さんは志波くんを思うからこそハッキリを背中を押してるんですよ。
だけど志波くんは、デイジーちゃんの「そんなつもりなかった」系の後押しがすんなり受け入れられた、と告白で言うのです。

私個人としては、志波くんのことを好きだけどその恋する顔じゃなくて姐御としての顔で志波くんにまた野球をさせたいと奮闘する竜子さんの不器用さを愛しているし、その不器用さに気付く志波くんであってほしいなと思う部分も正直あるのです。

でも、志波くんにとっての正解は、デイジーちゃんだったのですよね。

告白で、この正解をきちんと示してくれたことで、おっかさんのなかで志波くんルートはよりナチュラルなものになりました。
幸せにおなりー!!

志波くんとは対照的に・・・実を言うと設楽先輩は、なんでバンビちゃんの言葉だけすんなり受け入れられたのか、告白だとよくわからなくて。
結局設楽先輩もバンビちゃんに一目ぼれしてたからってことなのですかね?
設楽先輩は感性の人だから、そういう正解を言葉にする告白だと不自然ってことでしょうかね??
GS3だとライバル制がないので浮き彫りにしにくいのかもしれません。
そして大好きな設楽先輩のことなのにまだまだ私も理解が足りませんね!
精進いたします!!
* Category : ときめきメモリアルGS2
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する