FC2ブログ
10≪ 2018/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-04-27 (Sun)
こんばんは、おっかさんです。
皆さんは黄金週間かな、おっかさんです。
我が家は遠出の予定はなくて、ちまちまゆったり、おっかさんです。

さて。

GS1(フルボイスじゃないほう。デビューしたての頃とにかくやり込んだ!)からGS1p(トリプルパックに入ってたフルボイスのほう)に舞台を移し3周目。
葉月くんと姫条くんに関してはもうほぼ頭に入ってるのでスチルもほとんど集まっているのですが、それでもまだ姫条くん。
GS3でつらつらプレイの面白さに目覚めてしまったので(笑)、今回は姫条くんで試してみました。
ではダイジェスト、どうぞー!


はば学に入学した頃のわたしは、ただただぼんやりした女の子だった。
あ・・・ぼんやりは今でも、だけど(笑)。
部活もバイトもなくて、目立たない地味な女の子だった。
有沢さんっていうかわいい親友がいてくれなかったら勉強もできなくて救いようのない状態だったと断言できる。
隙のないお姉さんって感じだけれど、彼女は本当はとてもピュアで、とてもキュートな女の子だよ。

そんなわたしの世界を変えた男の子がいる。
わざわざ別のクラスから話しかけにきてくれた姫条くん。
とても目立つ彼に
「今度デートでもしよな」
って言われて、それだけでわたしはもう彼を意識してしまった。
その瞬間に、彼がわたしの王子様になった。
男の子も女の子も、お友達がいっぱいいる彼にとっては特別な行為だったわけじゃないのはよくわかってる。
それでもわたしにとっては特別な事件だった。
今まで学校と家と友達と、マイペースな毎日を過ごしていたわたしにとっては、本当に大きな事件だった。

だけど彼の周りにいる女の子たちは大人びていて彼の隣にいるのが似合う子たちばかりで、わたしは勇気を出せなくて・・・彼が教えてくれた電話番号、捨てることはできなかったけど使うこともできなかった。
ちょっとずつ姫条くんと楽しい話ができたら・・・と教室でこっそり流行の雑誌をめくったりしながら、彼が他の女の子と楽しそうにしている姿をなんでもないふうにスルー・・・そういうのだけ、無駄に上手になっちゃった。
このままにはしたくない!
そう思って夏、年に一度の花火大会に彼を誘って出かけた。
隣で花火を見上げたこと、彼の横顔を見上げたこと。
忘れない。

それでも・・・そんなすぐに積極的な女の子に変身なんてできないよね^^;
初詣にも誘ったけど断られて、バレンタインに早起きして尽と頑張ったんだけどちょっと驚かせたくらいで終わっちゃった。
渾身の手作りチョコだったのに・・・思わず悔しくて
「姫条くんひとこと多い!」
って言っちゃったけど、なんだかそれで逆に憧れの男の子が身近な男の子になったような気がして気が楽になったよ。
下校のとき一緒になれば一緒に帰ろうって誘えるようになったし、楽しい下校デートの始まりやろ?って言われてもえへへって笑って頷けるようになった。
なんとなく話も弾むようになって・・・春休み、久しぶりにデートに誘って。
2年生になって手作りチャーハンを分けてもらったり、もしかしてわたしも彼の女友達になれたかな。
夏。
1年の時よりは、スマートに誘えたと思う、花火大会。
彼はまた快くわたしの誘いを受けてくれて、帰りは家まで送ってくれた!
これは序の口だった。
もっと大きな出来事が・・・それは彼からの電話。
花火大会のあと、姫条くんがわたしにくれた初めての電話はわたしをデートに誘ってくれるものだった。

えーーーーーーーーーー!?
だ、だまされてる!?
げんじつ!?

あわあわしたけど、断る理由なんてないよ。

姫条くんにその日のわたしがどう映ったかはわからないけど。
彼の好きなピアス、彼の好きな短いスカート。
バレていたかはわからないけど心の底から緊張してた。
だって、あんな優しい顔。
今まで見せてくれたことなかったから。

それからのわたしの高校生活には、いつも姫条くんがいた。
修学旅行にも文化祭にも体育祭にも、もちろんなんでもない日曜日にも。
当たり前みたいに、わたしの傍には彼がいてくれた。
有沢さんから誘われて守村くんと姫条くんとダブルデートしたこともあった。
このまま、ずっとここでみんなと高校生でいられたらいいな。
当たり前みたいに姫条くんを見上げていられたらいいのにな。
高校生じゃなくなっても彼の隣にいたいって願うのは、贅沢かな。

わたしは明日、はば学を卒業する。



私、GS1でつらつらプレイするのは初めてですが、基本的につらつらプレイが好きなのかもしれません。
勉強したり運動したり、高校生活って色々あって、そんなに毎週毎週デートに誘っていられないっていう感じがリアルっていうか(笑)
姫条くんのとあるスチルも、そんな自然な流れで今回開きました。
そのあたりは以下、追記記事です。

お時間、ネタバレ等よろしかったらReadMoreをクリックして、お読みください^^!



誰との恋でも常に学力・芸術150を目指し始めたのは最近なので、そう言えば姫条くんでそんなに意識したことがないおっかさん。
(葉月くんと姫条くんで親友告白を双方見たときはがんばりました)

ここは無難に有沢部屋をチョイス。
はば学に入学します。

姫条くんと言えばきっと流行部屋からの野球部女子マネからのスタリオン石油がメジャールートかと思いますが、そんなに急いで知り合わなくても
「姫条くんは好きになるよ、わたしのこと・・・」
と恐ろしいことを呟きながら(笑)占いにそって行動します。
でも最終的に流行200行かないといけないので自然の流れでけっこう早目に姫条くんが登場します。
1年目のデートは花火大会のみ。
GS1なので好感度普通のため解散が夜であっても家までは送ってもらえません(泣)
しかしそこはダイジェストでも書いたように勇気をだせない主人公ちゃんという脳内設定でむしろ甘酸っぱさアップだよ!

初詣、誘いましたけど
「ツレと新年会の約束がある」
と断られます。
・・・初めての体験!!
大体姫条くんは、1年目5月には友好になってくれるので意外と知らない好感度普通の姫条くん&好感度普通の姫条くんに対する主人公ちゃん。
バレンタインも好感度普通だったのですが、渾身の手作りチョコを
「意外と家庭的やねんな」
というようなことを(ごめんなさい完全にうろ覚えです)言って受け取る姫条くん。
このとき主人公ちゃんは
「姫条くん、ひとこと多い!」
と返すんですよ。
私はこの主人公ちゃんがとてもカワイイって思って、ますます姫条くんと主人公ちゃんの組み合わせが好きになりました。
きっとこのルートの2人は、本当にただの「同級生」でしかない時期があったんだと思います。
主人公ちゃんは出会った時点で姫条くんに惹かれていたのですが、距離がありすぎたというか。
部活もしなければバイトもしない、有沢さんがいなかったら成績も気配りも上げることができなかった地味な女の子が流行パラを上げたのは、姫条くんに近づきたい一心に違いないですよね。
そう、今回は有沢さんの親友力(笑)というか、友達としてのキャラの素敵さを味わいました。
ぼんやり、という主人公ちゃんのキャラは有沢さんとのやりとりから浮かび上がってきました。
アンニュイ(笑)に公園でポエミーになっている有沢さんに
「どうしちゃったの、有沢さん!?」
なんて、正直すぎること普通は言えないって(笑)
また、喫茶店に2人で行っても有沢さんの答えにいちいちぼんやりした反応をする主人公ちゃん。
それをクールにさばく有沢さんがたまりません(笑)
この主人公ちゃんだから、有沢さんもクールながらも素の自分を見せてしまうのでしょう。
3年生の冬に守村くんに登場いただいたのですが(遅いw)、ダブルデートも発生したわけです。
有沢さんと姫条くん・・・正直全然接点なさそうな2人じゃないですか。
それなのに有沢さんがどんなふうに彼をダブルデートに誘ったんだろうとか考えたら、もう。
絶対そこには主人公ちゃんと姫条くんのいい雰囲気を感じていて、なおかつ主人公ちゃんの気持ちには気づいているはずです。
有沢さんだって恋する乙女だし(笑)
それとも、もうその頃には姫条くんも主人公ちゃんのこと好きになってるから、好きな女の子の大事な女友達ってことで有沢さんともけっこう仲良くなってるのかな。
主人公ちゃんもけっこうな学力女子になっているので(いやむしろまんべんなくパラ上がりすぎて登場男子みんな友好になったけど)、周りの子たちからしたらその4人で遊園地!?それはまた・・・って驚くんじゃないかと思うのですが。

結局姫条くんが好きになってくれたのは2年目夏。
デートは3回したあたりですかね。

そこからも毎週デートには切り替えずこちらから誘うのは月イチくらい。
それでもお家デート2回呼んでもらいました。
そして・・・デート帰りに姫条くんの買い物付き合ってからのカレースチル、発動!

・・・これがとても自然で。
よかったんです。
お家デートを何度かしているから、自然に
「手伝うよ」
って言えた主人公ちゃん、というのが、おっかさん的にしっくりきました。
(ちなみに冬の大観覧車スチルも、2年目に取るのを忘れて3年目冬になったのですが、これもすごく良かったです。2年目冬にこの告白未遂があると、なんで卒業式まであとちょっとの勇気が出せなかったのか考えちゃうけど、3年目だととてもナチュラルでした。まあ姫条くん親友化するなら早目に見ちゃいますけどね)

また、今回3年目秋ごろに病気になってみました。
しっかりと姫条くんがお見舞いに来てくれます。
「あいつ、一流大学を目指してる言うてたし、無理してるんやろな・・・」
とか思ってくれたんならうれしいな、と(もう何度も病気になってるくせに)ときめく私(笑)
久しぶりにやってみたら、学校のプリントも持ってきてくれたんですよね。
これ、なんて言って主人公ちゃんの分のプリントもらってきたのかなあってまた考えちゃって・・・ときめき(笑)
爽やかに堂々と
「あ、アイツのところなら俺行くんで」
とか?
それとも有沢さんとも仲良くなってるから、有沢さんが頼まれたプリントを自分が届けるって言ったのかな。
・・・楽しい♪

こんな感じで色々と想像が広がるじわりじわりと近づくつらつらプレイが今けっこうお気に入りです。
そして今回もまた
「今日は、誘ってくれてありがとう。すっごく楽しかった!」
なんてかわいいこと言っちゃう主人公ちゃんに女子力を教わりました(笑)

今回ももちろん卒業式には姫条くんが。
登場男子全員友好になってくれたし、葉月くんがもしかして好きになってくれたらどうしようって思ったのですが爆弾処理デートだけじゃ好きまでは行かないですかね。
つらつらプレイ、ほんと楽しい~~♪

さて。
次はどうしようかな。
竜子さんが好きすぎてまだ攻略できていないGS2の志波くんがずっと気になっているままなのでそちらをしたい気もするけど、つらつらも楽しいな。。。
でも、だいぶ設楽先輩ともデートできてないんですよ・・・そろそろ寂しくなってきました(笑)
「次の日曜日空いてるかって聞いてるんだ(なぜか怒ってるw)!」
がそろそろ聞きたい気もするよ♪

そこらへんは黄金週間で考えたいと思います。
* Category : ときめきメモリアルGS1
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。