FC2ブログ
11≪ 2018/12 ≫01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2018-12-24 (Mon)
こんばんは、おっかさんです。
ご無沙汰しております。。。

仕事のことや、スマホの機種変のことや(結局まだ様子見)などなど、気づけば2018年終わろうとしてる!!
違う、普通に色々ときめいていたのに!

本日は、1か月前(11月24日)から始めているこちら「ピオフィオーレの晩鐘」です。
発売前から気になってた。
なんであの時すぐに色々CDとかついたものを買っておかなかったのか・・・!
あの時の感情を正直に信じなかった自分がもどかしい。ほんとに。

その後、ゲームシティーさんのポイントがけっこう貯まったので、勢いに乗って購入。
しばし寝かせて、コルダが落ち着いたタイミングでしたので始めました。
なんとか主要攻略対象5人のエンディング網羅しましたので、感想を残しておきます。


大したことは書いていませんが、ネタバレ含みますので、追記に。
お時間、ネタバレ等よろしかったらReadMoreをクリックして、お読みください^^!



はい。
まず、今回のわたしの攻略順です。
なお、初見時ダンテさんでした。
ところが・・・
ニコラさん(何度挑戦してもニコラさんルートに入ってしまう上にbadコレクターと化してしまう)
 ↓
ルートに入るには最初の選択が肝心・・・ということに気付き、ダンテさん(でもやっぱりbadコレクターとなり、何度もニコラさんにありとあらゆる場面で消される)
 ↓
ダンテさんgood(ダンテさん、やっぱりいいわ・・・♡)
 ↓
ニコラさんgood(ダンテさんルート時のあまりのニコラさんの立ちはだかり具合に、嫌いになる前に攻略しようと決めてがんばった)
 ↓
ニコラさんbest(甘い!甘い!!これがCERO Dの威力なのね・・・!)
 ↓
ダンテさんbest(幸せにおなり・・・・!)
 ↓
楊さん各エンド(これまた何度も命を落とすも、あまりのストーリーの容赦なさに、耐え切れなくなって攻略サイト様を解禁)
 ↓
オルロック各エンド(例によってbadコレクターの本領発揮する。)
 ↓
ギル様各エンド(前4人攻略後でないと解放されないギル様。例によってbadからですが、オールスター的なストーリーで楽しめました)

・・・という流れです。
以下順番に。

1:ダンテさん
正統派マフィア?のトップ。
ゲーム始めて早々に出るスチルが大変美しく、おっかさん的にそこでダンテさんに落ちました。
落ちたわりにダンテさんルートに入れなかったけど。
(でも巻き戻し機能を使えるようになってからはわりと上手になったかな)
ダンテさんは、はばたき市で言うところの王子枠なのでしょうか。
お話も一番謎に食い込むというか、本筋感のあるものでした。
いや、もうとにかく、ダンテさんのお屋敷にお世話になるきっかけとなるシーンもかっこよく。
そしてちょっとしたことで照れてしまうのがまた愛おしく。
このゲームは、他の人ルートで容赦なく主要キャラクターがヒールとなって出てきたりするのですが、他ルートではずっとダンテさんを幸せにできない寂しさを感じてゲームを進めていました。
そこらへんやっぱりわたしの最愛キャラということなのでしょう。

2:ニコラさん
ダンテさんの右腕。アンダーボス。
人当りがよくて、だけど心の壁がえらく高い。
・・・実際に付き合ったらちょっと面倒そうだなあと思うニコラさん。
こういうタイプは自分が「彼女と付き合いたい!」と強く思わないといい彼氏になってくれないですよね~。
(彼氏にはそこそこでなってくれるけど、多分いい彼氏になるまでにもう1段階ある)
本当にダンテさんルートではよく彼に殺されました。
そんなわけで少し苦手意識が。。。
あったのですが!
ニコラさんルートの後半、bestルートに入ってからは始終甘く!
そしてもちろんかっこよく!!
苦手意識和らぎました。
とにかく甘かった。
結論:本命になれれば幸せになれる(笑)。

3:楊さん
上記2人ルート時とにかく言動の意味がわからず怖かったです。
しかし楊さんルートに入ってからもなにも変わらず怖ったです(笑)。
でも双子ちゃんは楊さんルートに入って仲良くなれて嬉しかったな。
楊さんルートは本当に重くて、一番自分の選択の結果が自分に返ってくるというか、しんどかったです。
goodエンドでも死別してしまうというのは衝撃でしたが、でも他ルートでの楊さんの行いを見ていたのでこれもやむなしかなと。

4:オルロック
ダンテさん好きとしては、もうオルロックルートできないのでは・・・というくらい立ちはだかるダンテさんでした。
オルロックも楊さんと同じで今までの行いがあるので、嘘みたいなハッピーエンドにできない感というかそういうものがありました。
でもそれがこの時代背景とぴったりマッチして、そんなオルロックを受容し、愛してくれるリリィちゃんと出会えたことを心から祝福できるお話でした。
(それは楊さんにも言えることですね)

5:ギル様
森久保さんの頼もしいお声(下天の華の秀吉風味)とあいまって、めっちゃ素敵だったギル様。
攻略できる日を楽しみにしていました!(彼への道は上の4人攻略しないと開かない)
ただ、ギル様のルートはオールスター総出演というか、お互いがお互いのヒールになっておらず、新たな?敵に対するものなので少し唐突かな。
逆に、鍵の乙女とかそういうことはおいておいて、ただただ、ときめく恋愛のゲーム、という気分を味わえます。
ギル様は恋に戸惑ったりしません(笑)!
自分の気持ちも早々に把握しているし、リリィちゃんの気持ちもわかっています。
ただ、リリィちゃんが恋愛に慣れていないので「彼女が自分で気持ちに気付くまで待つ」という・・・大人だ!!
ギル様ルートではニコラさんが少し不憫です。
そしてニコラさんが不憫だとダンテさんが困ってしまうので、わたしとしては少しダンテさんが気になってしまうというか(笑)。
でもギル様自体はとても素敵でした。
あと、町の子ルカくんがギル様ルートのbestだと元気なのでね・・・嬉しいです!

*****

以上、ギル様bestに辿り着いた時点で謎のかっこいい映像が現れます。
そしてフィナーレルートが解放されました。

が、しかし。
今はまだフィナーレルート入ってないんです。
まずダンテさんに一度帰って幸せな姿を見てから、と思っていたので。。。

年末年始には入りたいなー。
むしろ年末年始にはトロコンなるもの、できるかしら。

またフィナーレルート無事にエンディングを迎えましたら、記事にしたいと思います。
にしても・・・限られた時間をぬって(仕事の多忙期とか抱えてた)、すごい勢いでエンディング集めてる。
ピオフィオーレすごい。すごいです・・・!
(そして公式ビジュアルファンブックも買ってしまった!)

Return

* Category : 上記以外の乙女ゲー
* Comment : (0) * Trackback : (-) |