FC2ブログ
04≪ 2016/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-05-15 (Sun)
こんばんは、おっかさんです。

最近ヘッドホン(あるいはDS)の調子が悪くて・・・本格的にダメになる前になんとかしなきゃと焦っています。
でもヘッドホンなのかな~

さて。
今日は東道くんです。
「ここ、頑張りどころか、東道悠樹21歳」
とかなんとか自問自答する落ち着いた21歳。
でもわりかしセクシー担当です。

SIGNAL1周目、誰ということもなく読み進めていたら恋が始まった東道くん。
他のかたのブログを拝見するとツンエロという立ち位置(笑)らしい彼。
・・・確かにそうかもしれません!
記事を書くのに昨夜後半再度プレイしてきたのですが、そんな彼をわたしはけっこう好きです!!

そんな彼の思い出です。
例によって派手にネタバレしてますきっと。

お時間に余裕があるかた、内容に触れていてもOKというかたは・・・よろしければReadMoreをクリックして、お読みください^^!



はい。

東道くんは後半登場します。
大学生なのにレーサーという華やかなイケメンです。
でもチームのメンバーの明るい雰囲気とは違い、えらく感じが悪いです(笑)

でもゲームだから徐々にそんな彼の素顔が明らかになるわけですね。
SIGNALは突然男の子から電話がかかってきたりメールが来たりするのが、ちょっとリアルな感じでドキドキできるいいところだと思うのですが、東道くんルートでもそれがしっかりと発揮されております。

一緒にラーメン屋さんに突然行くことになり、
「アンタ、面白いよな!」
と気に入られてしまう主人公(ちょっと少女漫画的な!)。
なんとなく彼のペースで2人で出かけたりするようになるんですけど、いつの間にかそんな年下の男の子のことを意識してしまうんですね。
確かに・・・ちょっとカワイイんですよ!!
ヤキモチ焼いたりするんですよ、もう(*´_ゝ`)
アクシデントが発生して病院にいる主人公とチームのメンバーたち。
帰ろうとするタイミングで東道くんはその場にいないので、別の人に送ってもらって帰ることになる主人公。
「先に帰るね」
とメールをしたときの返信が!
俺が送るのに・・・とアピールしつつ最後に
「誰と帰るの?」
と探りを入れちゃう
んです(笑)。
かわいいな。

それから勝手に怒って、電話をかけてきたくせに
「それで、なに?」
とか言っちゃう(笑)
そこまでは散々小悪魔的に主人公ちゃんを振り回していたので、ちょっとそこで年下らしいというか。
余裕がない感じが伝わってきて愛おしくなりました。
でも、黒峰さん記事でも触れていますけど、2人の前に立ちはだかる障壁の大きさがSIGNALの特徴?です。

東道くんがいまいち心を開かない理由がまた・・・ヘビー。。。
それで突然
「うぜー」
みたいなことを言われて突き放されるんですよね。。。
ほんと、リアルだったら耐えられない展開です。
この障壁がもっと違うものだったら、個人的に黒峰さんルートを上回ったと思うんですけど・・・ほんとヘビーすぎた(笑)

しかし主人公ちゃんは強い!
強くあろうとしてるっていうか。

最後まで自分がベストエンドに入ってるのか手ごたえがないほどの重さなんですが、それでもきちんと主人公ちゃんのがんばりは、報われます。
主人公ちゃんのおかげで、東道くんもしっかりと自分の頑張りどころを頑張るわけです。
そして再び縮まるふたりの距離・・・♡
個人的な感覚ですが、黒峰さんルートよりは明確に主人公ちゃんを選んだその基準が示されるのは、東道くんのことをより深く知るうえで良かったです。

そして1か月後、恋人となった2人の初めてのクリスマスね。
・・・こんな21歳、どうなの東道悠樹(笑)!!
エロい、エロすぎる・・・(褒めてますw)
主人公ちゃんは25歳くらいなのかなー(黒峰さんとの会話からなんとなくそのくらいかと)
恋愛経験もないわけじゃないんでしょうけど、平凡なOLさんとのことなので、東道くんとの恋は相当ドラマティックに感じるんでしょうね。
年下なのに大人っぽくて時々子どもっぽくて。
絶妙のバランスで存在する東道くん。
一番その後のふたりを知りたい組み合わせでした。

Return

スポンサーサイト



* Category : 上記以外の乙女ゲー
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2016-05-15 (Sun)
こんばんは、おっかさんです。

設楽先輩の31周目、書きたいなあとか。
SIGNALの感想も溜まってきたなあとか。

・・・そんなわたしの計画を覆す男が現れましたよ!!

仕事のできる冷徹メガネ!
黒 峰 冬 哉 氏(35)です!!

35歳ですが、主人公もOLさんなので、まあアリですかね。

忘れないうちに感想を残させてくださいっ!!
例によって派手にネタバレしてますきっと。

お時間に余裕があるかた、内容に触れていてもOKというかたは・・・よろしければReadMoreをクリックして、お読みください^^!





はい。

今回の黒峰さん、その前にずっと気になっていてなかなかルートに入れなかった人のエンディングまで無事辿り着けたので(いや、先輩乙女の皆さまのサイトのおかげですありがとうございます!)、それなら、とその勢いでルートに入ってきました。

黒峰さんは、クールなメガネですが他の男の子ルートでもたまに(本当にごくたまに)優しい感じもあって気になっておりました。
しかし彼のルートに入るには他の男の子2人のベストエンドを見ておく必要があったのでその時そのままにしてしまっていました。
その後、当該2人の攻略していたんですけど・・・忘れてた(笑)

そして今回、軽い気持ちで入ったら・・・もうね!
忘れてた自分を責めました!!
もう、責めました!!

他の人ルートに入っている時と違い、優しい(時が多い)黒峰さん、とっても素敵だったんです。
そして他の人ルートではただのイヤな奴な行動も、彼のルートではより近いところで舞台裏を見られるというか。
(まあ、なぜ主人公がそんなに彼の心を奪ったのか、決め手はどこだったのかよくわかりませんが、それはどの男の子の時も感じている疑問なので・・・そこだけ際立って感じることもありません)

あと、黒峰さんルートのおいしいところは、GSでいう王子的ポジションのレーサー藤宮さんと付き合えることですよっ!

王子と付き合いつつ、年上のクールメガネが気になって仕方ないしいつしか縮まるクールメガネとの距離・・・揺れる乙女心!!
どうする!?
どうなる!?


というものすごーく!モテを味わえる(気がする)んです。
すみませんわたしは味わいました(笑)
せっかくのルートなんだから、もっと一途に、他の男の子の影薄めでも良かったかなーと思う・・・んですけど、これ本当にときめきました。
他の男の子ルートは、

当該男の子とまず付き合える感じになる。

なにか障壁にぶつかって、すれ違うふたり

信じて自分のできることを頑張る主人公

復活してより強まったふたりの絆そして永遠の愛・・・♡


という感じだったので、黒峰さんルートが新鮮に感じたのかもしれません。
(たちはだかる障壁がね、どれもけっこうヘビーなんですよ・・・ベストエンド辿り着くまでに心の体力がいるというか)

あと、付き合えるようになって、そこから1か月後のクリスマスが後日談的に入ってエンディングなのですが、そのときの黒峰さん、声の雰囲気がはっきり言って全然違う。
もう恋人の雰囲気ががっつり出てるんです。
別にデレデレしてるわけじゃないんですけど、明らかに心を許している雰囲気が伝わってきて、おっかさんドキドキしてた!
熱出るかと思った・・・!
声優さん、すごいですよ・・・!

そういうわけで、個人的に黒峰さんルート何度でも入り直したいです。
注意していただきたいのが、黒峰さんルートにはバグがあるらしいことです。
(けっこう有名らしく、検索すると対処法を教えてくれるサイトあります♪)
幸い、わたしはバグのないソフト?だったのですんなりエンディングまで辿り着けましたが、もしこれからどこかで手にとる機会があるかたは、黒峰さんルートプレイの際は気を付けてください。
そして是非とも黒峰さんの本命彼女になってみていただきたい・・・!
まあ、個人的に黒峰さん最後の最後のスチル(エンドロールの後に出てくる最後の一枚)が謎でしたけど・・・!

Return

* Category : 上記以外の乙女ゲー
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2016-05-06 (Fri)
こんばんは、おっかさんです。

ゴールデンウィーク終わりましたね。
(もしかして今日もお休みだと、長い長い連休の終盤と言う感じでしょうか?羨ましい^^!)

最近バタバタと過ごしてきたわたしですが、この連休はわりとよく夜更かしをさせていただきました。
設楽先輩を待たせに待たせていましたが、無事に卒業(31周目)。
久しぶりにSIGNALに手をだし、こちらも先輩乙女の皆さまのサイトのおかげで気になっていた男性のルートに入ることに成功。

・・・やっぱりときめきって・・・素敵ですね・・・(うっとり)

そして先輩乙女のサイトの記事を読みながら、やっぱりきちんと記事をたくさん書きたいな!と思ったのでした。
先輩乙女の皆さまのサイトで、わたしはこの連休とても楽しくときめけたので、同じように何年か後にわたしの記事が誰かに楽しんでもらえたら幸せだな、と思ったのでした。

あ、もちろん基本はわたしのときめきの思い出を残すためのものなのです。
自分でも熱い思いの過去記事を読んでニヤニヤしてますし(笑)
そういうものですが、誰かがその記事を読んで
「そうそう!」
って頷いてくれたりしたら、それだけで幸せだなと思いまして。。。

だから、これからも細々とでも記事書きます!

そんな気持ちを新たにした2016年のゴールデンウィークでした。

記事を読みに来てくださっている皆さま、これからもどうぞよろしくお願いいたします!!
* Category : 雑記・お返事
* Comment : (0) * Trackback : (-) |